業務案内 | 沖縄県沖縄市の土地家屋調査士

菅野土地家屋調査士事務所

業務案内

土地境界確定測量

土地の境界を確定(決める)する為に測量を行い、隣接地の土地所有者と話合いを行い、了解を得て境界を決めることを言います。
境界を決めるには、ある一定のエリアの土地の形を面積(地積)を知る為に測量を行います。
測量結果と、その土地に関する様々な資料をの整合性を見ます。

分筆登記

分筆登記とは、1筆の土地(1個の土地)を2筆以上の土地(2個以上の土地)に分割する登記のことを言います。
(複数の土地を1つにまとめる登記を合筆登記と言います)
分筆登記がなされると、分筆された土地には、新たな地番がつけられ、独立した土地として登記され、公図(地図)にも分筆した線が引かれ、新たな地番が記載されます。

建物新築登記新築登記筆界特定

建物を新築したら、建物の完成から1ヶ月以内に建物表題登記を申請することになっています。
この登記を申請することにより、登記所の当該建物の登記簿に記録されます。
さらに既存の建物を全部取り壊し、その材料を用いて建物を建築した、いわゆる再築の場合、さらに既存の建物を全部解体し、別の場所に新築した場合の解体移転のときも、建物の新築として建物表題登記を申請することになります。

筆界登記

筆界特定とは、新たに筆界を決めることではなく、実地調査や測量を含む様々な調査を行った上、もともとあった筆界を筆界特定登記官が明らかにすることです。

境界紛争解決手続き等業務

「土地の筆界が現地において明らかでない事を原因とする民事に関する紛争」において、法務大臣から認定を受けた土地家屋調査士が弁護士と共同で受任することにより、境界紛争解決センター(名称は地域により異なります) を通じ、簡易・迅速に境界紛争を解決できる制度のことを言います。

お問合せ ▲ページの上へ

仲松照夫司法書士事務所