土地家屋調査士とは | 沖縄県沖縄市の土地家屋調査士

菅野土地家屋調査士事務所

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは

不動産の表示に関する登記につき必要な土地、又は家屋に関する調査及び測量を行います
土地家屋調査士は、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるため、必要な調査及び測量を行っています。
具体的には、不動産(土地又は建物)の物理的な状況を正確に把握するためにする調査・測量を言い、例えば、土地の分筆登記であれば、登記所に備え付けられた地図や地積測量図等の資料、現地の状況や隣接所有者の立会い等を得て公法上の筆界を確認し、その成果に基づき測量を行います。
不動産の表示に関する登記の申請手続き代理を行います
不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられておりますが、その手続きはとても複雑で理解しづらい事があります。
そこで、土地家屋調査士は、依頼人の求めに応じて不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。
不動産の物理的な状況を登記簿に反映するために、調査・測量の結果を踏まえ、建物を新築した場合における建物の表示の登記、土地の分筆の登記等の登記申請手続を行っております。
不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続き代理を行います
審査請求とは、不動産の表示に関する登記についての登記官の処分が不当であるとする者が(地方)法務局長に対して行う不服申立てを言います。
筆界特定の手続き代理を行います
筆界特定の手続きとは、土地の所有者の申請により、登記官が外部の専門家の意見を踏まえて筆界を特定する制度における手続きのことを言います。
土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続き代理を行います
この業務については、民間紛争解決手続代理関係業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した土地家屋調査士(ADR認定土地家屋調査士)に限り、弁護士との共同受任を条件とし、行うことができます。

どんな資格?

土地家屋調査士は、不動産(土地・建物)の調査や測量の結果をもとに、法務局へ提出する申請書、図面などを作成し、表記登記を代理申請することを主な業務としています。
この土地建物の現状を登記する表示登記(表示に関する登記)は、法務大臣が認定する国家資格として法律で定められた土地家屋調査士のみに許された業務資格です。

■登記簿の内容

○表題部・・・・・「表示に関する登記」
・土地の場合・・・所在、地番、地目(用途)、地籍(面積)など
・建物の場合・・・所在、家屋番号、種類、構造、床面積など
○甲区、乙区・・・「権利に関する登記」
・所有権、抵当権、貸借権など

報酬の実態調査

(2008.9連合会資料H19年実施)
沖縄県平均値 当事務所平均値(消費税を除く)
H20年度 H19年度 H18年度 三年平均
地目変更 40,405 34,670
(13件)
33,052
(17件)
36,144
(15件)
34,622:
土地合筆 42,616 33,590
(1件)
58,748
(5件)
21,910
(2件)
38,082
分筆登記 206,050 196,314
(27件)
183,947
(31件)
229,862
(29件)
203,374
建物表題 83,373 83,637
(36件)
86,291
(51件)
82,215
(41件)
84,047
建物滅失 40,676 28,910
(6件)
58,930
(2件)
36,675
(8件)
40,506

・沖縄県平均値分筆登記206.050円は、区画整理換地図、既提出地積測量図など筆界点に確定資料がある場合。
・当事務所平均値203.374円は、委託者が同じ二度目の分筆、軍用地立入禁止区域の分筆等、受託した全ての分筆登記の平均報酬額。

報酬の基準と算定方法

報酬の基準と算定方法について→ 詳しくはコチラより PDFファイルで確認できます。

お問合せ ▲ページの上へ

仲松照夫司法書士事務所